本校の教育

本年度「修斉小学校がめざす学校」を掲載させていただきました。
 
 学校教育目標 
『たくましく自立する子どもを育てる』
・自分も人も大切にする子ども
・自分でよく考える子ども
・自分から進んで行う子ども
・自分で心や体をきたえる子ども

 

【学校経営方針】 

新しい時代を豊かに生きる子どもの育成

「子どもが活躍(きらっと光る)できる学校」

「すべての子どもの「心の居場所」としての学校」

「家庭・地域と連携し、子どもたちが安全で安心して通える学校」

 

まず、「子どもが活躍(きらっと光る)できる学校」をめざします。学校の基本は「学ぶこと」です。各教科の学習において、「学校での学び」と「家庭での学び」を充実させ、子どもたちの「自ら考え、判断し、行動する力」を育てていきます。勉強だけでなく、運動や校外での活動など、様々な場面で活躍できる子どもたちを育てます。

次に、「すべての子どもの『心の居場所』としての学校」をめざします。道徳教育・人権教育・キャリア教育や様々な行事を通して、子どもたちの「自らの夢と、他人の夢を大切にする心」を育てます。

最後に、「家庭・地域と連携し、こどもたちが安全で安心して通える学校」をめざします。学校という組織は地域の方の協力なしには成り立ちません。学校と地域・家庭が一体となり、生活指導・交通安全指導・防犯指導等を通して、子どもたちが「自分の命を大切にし、守る力」を育てます。

本校園教職員、一丸となって頑張りますので、保護者の皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本校の概要

修斉小学校は、平成15年に創立120周年を迎えました。修斉という名前は、初代校長の奥六造
(ろくぞう)先生が、儒教経書『大学』の中の「修身齊家(しゅうしんせいか)」より修と齊の二文字をとっ
て名付けられました。
運動場に面した現在の校舎が建てられたのは平成6年で、それまでは昔懐かしい木造校舎でした。
玄関の瓦の一部が、今も校長室に大切に保管されています。
お父さんやお母さん、おじいさんやおばあさん、さらに曾おじいさんや曾おばあさんも本校の卒業生
という子どもたちも多くいます。地域の人々にずっと大切にされてきた学校です。
本校の特色のひとつは、毎朝の集団登校です。家の近い子どもたちが数名ずつで登校班を作り、
高学年の子が班長・副班長になって、安全に登校しています。その毎日のつながりから、異年齢の
子どもたちが仲良く過ごしています。